各町内屋台紹介

各町内の屋台を紹介します。

舟場元町

舟場元町

唐破風を生かした造り  正面の鬼板は昇龍、懸魚は鳳凰をあしらい、背面には金箔の鶴と亀で、船着きどころの男意気が感じられる外観です。 昭和54年3月に台風のため旧屋台が大破したため町内の皆さんの団結力で作り直したという逸話 … 続きを読む
舟場町

舟場町

十体の獅子頭をいだく名工の造り  平成12年改修。六本の円柱に十体の獅子頭をいだき、漆塗りと名工の技が光る流麗典雅なたたずまい。 デザインは日展無鑑査の相川善一郎氏。 祭典委員会町内代表 : 高瀬 幸広 若者頭協議会役員 … 続きを読む
新田町

新田町

贅を尽くした、総欅の重厚の極 格調の高い「総欅造り」。 欅の木肌を生かすため、透漆で仕上げ、その最たるものは一枚板破風、柱など随所に贅を尽くしています。 祭典委員会町内代表 : 山本 孝信 若者頭協議会役員 : 小田島  … 続きを読む
六日町

六日町

古よりの型を忠実に再現 五穀豊穣と天下泰平の願いを込めた名工の作。 花輪屋台の典型といわれる伝統の輝きがある。 彫りは日本屈指の彫刻士中村丑之助氏 祭典委員会町内代表 : 多賀谷  吉朗 若者頭協議会役員 : 阿部 克宏 … 続きを読む
谷地田町

谷地田町

金箔と総漆塗りの重厚な造り 昭和39年作成。欅と桂をふんだんに用い、二本の柱には龍を配して、参加屋台随一との呼び声も高い。 金箔と漆の造りは、宮大工鈴木嶋雲氏。 祭典委員会町内代表 : 工藤 清一(副会長) 若者頭協議会 … 続きを読む
大町

大町

歴史が語る風格と彫りの深さ 昭和12年作成。全町内随一の歴史と風格を誇る屋台は、スサノオノ命と八岐大蛇が戦う構図を表している。 彫りは、宮大工鈴木喝雲氏。 祭典委員会町内代表 : 戸澤 正英(会長) 若者頭協議会役員 : … 続きを読む
旭町

旭町

「伝説の里・鹿角」を象徴する 正面鬼板には古の伝説にまつわる「南祖坊と八郎太郎の戦い」、懸魚には「辰子姫」を配した伝説の里鹿角にふさわしい屋台です。極彩色に輝く欄間と金箔と彫りの艶やかな共演は見事。 祭典委員会町内代表 … 続きを読む
新町

新町

純金箔光る絢爛たる美しさ 昭和32年に宮内庁の宮大工・土館治六氏によって建築、昭和54年に全面改築して現在の型になりました。正面の鬼板は「月」、懸魚は「うさぎ」で、中国の故事をもとに純金箔と本漆で仕上げた屋台は、絢爛豪華 … 続きを読む
横丁

横丁

赤が映える荘重かつ近代的な屋台 町内の工人技術者によって昭和52年に作られたのがこの屋台。前面に須佐之男命伝説が、背面に唐獅子と牡丹が、彫刻師・田中吉蔵氏によって彫り込まれています。全体的に赤を主体にしており、荘重な中に … 続きを読む
組丁

組丁

格天井による囃子の美しき響き 十和田湖産の緋桂を用い、太鼓の反響を考慮した格天井が自慢。 また金箔が映えるよう照明を取り付けるなど様々な工夫がされている 祭典委員会町内代表 : 泉山 稔 若者頭協議会役員 : 阿部 誠( … 続きを読む