新町

純金箔光る絢爛たる美しさ

昭和32年に宮内庁の宮大工・土館治六氏によって建築、昭和54年に全面改築して現在の型になりました。正面の鬼板は「月」、懸魚は「うさぎ」で、中国の故事をもとに純金箔と本漆で仕上げた屋台は、絢爛豪華で女性的な美を持っている。彫りは相川善一郎氏
祭典委員会町内代表 : 忍 光明(副会長)
若者頭協議会役員 : 三ケ田 全(交通施設部長)
得意曲 : 羯鼓

新町

新町